寒川将棋大会    小宮 順子 記
 11月13日 寒川将棋大会に小学生4名が参加しました。
子どもたちはとても緊張したようすでしたが、最後まで諦めずに頑張りました。
 対局相手が反則をしたときに、寺子屋の子どもたちは速やかに手を挙げて、係員に審議をしてもらって粘り勝ちしていたので、その勇気に感心してしまいました。
 今日からまた、練習をはじめて、藤沢将棋大会に向けて頑張るぞ!と言っています

  


菊花展で神奈川県知事賞受賞 中尾圭子 記

B地区在住の菅野さんが、茅ヶ崎市役所北側で行われている「菊花展」で「神奈川県知事賞」を受賞しました。

昨年の「茅ヶ崎市長賞」に続く快挙です!!


神奈川 柳壇でB茅ヶ崎の浅田猛夫さんの川柳が「特選」受賞

 
二十年待っていたよと孫に酌
 
[評]孫の誕生から成人になるまでの20年、その日を「待っていたよと」とつぶやく祖父の言葉は愛情に満ちあふれている。成人式を迎え、孫と酌み交わす酒の味はひとしおであろう。 2月22日の神奈川新聞に掲載記事より

寺子屋の風景(夏休み将棋集中講座)
  笠置 紘 記
 この夏、堤の集会所に寺子屋の風景が出現しました。
今年の秋、東京のビッグサイトで開催の将棋日本シリーズ 子供大会に当地区の小学生6名が出場することになり、保護者からの要請に応え、交悠会として夏休み将棋集中講座を開催したものです。 講座は全10回、各回の内容は ・ミニ講座、・詰将棋 ・子供リーグ戦 ・大人との対局 ・パソコンとの対戦 などです。 礼に始まり、礼に終わるをモットーとし、講座は玄関の靴の揃え方から始まり、集中と真剣さに満ちています。
 短期間に強くなったとの保護者の声もありますが、夏休みの良い思い出として残って欲しいと願っています。


これぞ近助!(ご近所の助け合い)
6月18日(月)夕方、羽根沢団地付近で転んだ高齢者をB地区のAさんが助け、ご家族に送り届けることができました。
夕方の忙しい時間帯でしたが、Aさんは「最後まで付き合おう」と高齢者の手を取り、励ましながらゆっくりゆっくり歩いて下さいました。
それを見たBさんが私に連絡して下さり、途中でバトンタッチ。その後ご家族と連絡が取れ、迎えに来て頂いた時の嬉しそうな表情!「ありがとうございました。ご近所の方々に助けられています」というご家族の言葉に「これぞ近助!(ご近所の助け合い)」を実感しました。
Aさん、Bさん 本当にありがとうございました。    中尾 圭子


「いちご倶楽部」 防犯パトロールで頑張っています

 私たちは”いちご倶楽部”と称しています。平成15年自治会のメンバーです。当時空巣等が増え、警察や市から町内を巡回して欲しいとの要望があり、夏過ぎから定例会の後町内を巡回しました。お役御免になった後も、有志で続けています。
 10余名いたメンバーも、今は5人になってしまいました。始めたころには、小出の駐在さんと一緒に巡回して、注意するところを教わったりしました。が、実情は、1時間のウオーキングで、町内のお庭の花を愛で、その花の名を学習する場となっています。
 私たちの他に翌16年の役員をされた方々も続けておられます。このような動きが広がることを願ったのですが、2年で終わってしまいました。私たちはこのメンバーで、本年も続ける予定です。      藤尾 信治

                                                 

「男のいきいき倶楽部」 粋な男達が生き生きと手料理に挑戦
 2005年に小出コミセン主催の「男のチャレンジ料理」を引き継ぎ、「男のいきいき倶楽部」として発足、今年で7年目を迎えました。
 現在、会員は23名で3班に別れ、レシピを作成し、皆で料理作りにアタックしています。料理の他に各種行事(栗拾い、バーベキュー、茶道、ハイキング、名所巡り、グランドゴルフ、ボーリング、ゴルフ等)も行なっています。
 料理作りは奥様にかないませんが、男子厨房に入れの事、近年「食育」が注目されていますが、そのためには男性も食に関心を持ち、率先して料理を作るべきです。
 年齢とともに気になる脳の老化を防ぐためには、料理作りが良いと云われています。美味な料理を作って食べることは人生の最高の楽しみの一つです。
 完成?した手料理を肴に皆で乾杯、これが又楽しみの一つです。 
                                  天 茂
 
                     
今月のメニュー
@鶏肉入りグリンピースご飯
Aえのきだけとシラスのかき卵汁
B豚バラともやしのつゆあんかけ
C竹輪とわかめの酢の物

 



街だより